物流・倉庫管理システム

大崎グループ企業内で長年培った、物流業務の経験と実績を基にシステム化しました。「在庫精度の向上」と「運用・管理コストの削減」を実現します!

自社倉庫や物流センターで業務改善をしたいとお考えのお客様へ、最適なWMSをご提案いたします。

  • リアルタイムに在庫状況を把握
  • 業務作業の属人化をなくし、人件費削減(パート・アルバイトの活用)
  • 在庫の適正配置により、保管効率の向上
  • 消費期限管理やロット品管理の徹底
  • ハンディターミナルの利用で、ミスを撲滅

導入事例

物流・倉庫管理システム(WMS)について

あらゆる業種、業態、取扱品等の倉庫管理に対応可能なシステムです。適切に作業効率を考えた運用が出来るようなベストソリューションをご提供いたします。

システム導入により、在庫管理の適正化を行い、作業の効率化、作業漏れ等の事故防止、コスト削減を実現します。

特徴

1.リアルタイムな作業状況を管理

  • 入荷予定データ・出荷指示データの取込状況、および作業状態をリアルタイムに管理
  • 無線ハンディを利用した入荷検品、ピッキング作業などをリアルタイムに表示
  • 入出庫に関連する履歴を、リアルタイムに管理

2.リアルタイムな在庫状態を管理

  • 無線ハンディを利用した入荷検品、ロケ移動、入出庫調整により、リアルタイムな在庫を管理
  • 出荷時の引当状況や引当可能数、移動時の移動可能数をリアルタイムに管理

3.多彩な入出荷管理を実現

  • ダブルトランザクション方式(固定とフリーのロケーション混合)の採用で、作業と保管の効率が向上
  • ロット管理品・シリアルナンバー管理品など多彩なアイテム管理が可能
  • 多彩な引当方法(ロケの直接指定やロケのゾーン指定、それらの組合せや引当順序)を実現

4.多彩な要求に自在に対応

当社オリジナル開発だからこそ実現した、多彩なオプションの一例をご紹介します

  • ハンディ作業でのラベル印刷連携(着荷ラベル・棚卸ラベルなど)
  • 輸送業者の送り状システムとのデータ連携や、問合せ番号によるトレーサビリティ管理
  • 各種実績データの連携(入荷実績・出荷実績・棚卸データなど)
  • アソート品詰合せなど、在庫と連動した流通加工管理
  • 異なる出荷先をまとめてピッキングするトータルピッキング
  • 委託販売先の在庫管理

5.その他

  • ログインIDによる内部統制を実現(権限別メニュー管理、作業ログの管理)
  • データ分析などに幅広く対応可能な、汎用CSV出力機能を装備。定型的な物(在庫一覧、期限切れ在庫一覧、入荷・出荷シリアルナンバー一覧、不動品一覧など)は、マスタ管理が可能。

倉庫管理システム(WMS)

Osaki Computer Engineering Warehouse Management System Series

当社オリジナルの物流センター向け倉庫管理システムです。

システム概要

倉庫管理システム(WMS)概要図

導入例

製造メーカー P社様(全体構成)

委託販売先の在庫も管理(委託出荷・委託売上・委託返品に対応)しています。

製造メーカーP社様(全体構成図)
情報機器メーカー M社様(1日の業務)
  • 国内はスピード重視型で、在庫は出荷検品データから自動で引き落とし(固定ロケ方式)
  • 海外は出荷量重視型で、大量出荷に備えた出荷準備作業に対応し、前回準備作業分との差分のみをピッキングする方式を採用(フリーロケ方式)
  • 両方の業務対応を1つのシステムで実現(共通品の在庫引当や在庫移動にも対応)
情報機器メーカーM社様(全体構成図)

機能一覧

入荷・入庫
  • 入荷予定データ取込
  • 入荷予定修正
  • 入荷予定削除
  • 入荷予定クローズ
  • 入荷予定照会
  • 入荷検品入力
  • 着荷リスト
  • 入荷差異チェックリスト
  • 在庫一括移動入力
  • 入庫調整入力
補充
  • 補充マスタ設定入力
  • 補充指示入力
  • 充填率変更指示
  • 補充予定リスト
  • 補充実績入力
在庫
  • 在庫照会
  • 入出庫履歴照会
出庫・出荷
  • 出荷指示データ取込
  • 出荷指示修正
  • 出荷指示削除
  • 出荷指示クローズ
  • 出荷指示照会
  • 在庫引当
  • 引当エラー照会
  • ピッキングリスト
  • ピッキングリスト再発行
  • ピッキング入力
  • 出荷取消
  • 引当取消
  • 出庫調整入力
  • ピッキング状況確認
日次
  • 在庫更新
  • データ退避&累積
  • ログ出力
  • 取込データ蓄積
  • 日数経過データ削除
ハンディ
  • 入荷検品
  • 在庫一括移動
  • ピッキング
  • トータルピッキング
  • 入庫調整
  • 出庫調整
  • 棚卸入力
  • 在庫照会
  • 入荷予定照会
  • バーコード発行
流通加工
  • 加工パターン入力
  • セット品組上げ入力
  • ばらし品入力
  • 流通加工リスト
バーコード発行
  • 商品コード発行
  • ロケ発行
  • シリアルナンバー発行
棚卸
  • 棚卸作業設定入力
  • 棚卸リスト
  • 基幹在庫取込
  • 棚卸実績入力
  • 棚卸差異チェックリスト
  • 棚卸状況確認
  • 在庫反映
  • 棚卸実績出力
  • 棚卸ラベル発行
マスタ
  • 会社マスタ保守
  • 商品マスタ保守
  • 商品データ取込
  • 汎用区分マスタ保守
  • ロケーションマスタ保守
  • 格納ルールマスタ保守
  • 引当ルールマスタ保守
  • 利用者マスタ保守
  • 権限別メニュー保守
  • 汎用CSV出力保守

動作環境

クライアント
OS Windows 7 以上
Office Microsoft Office 2010 以上(ランタイム可)
ブラウザ Internet Explorer 11 以上
サーバ
OS Windows 7 または Windows 2008 R2 以上
DB Microsoft SQL Server 2008 R2 Express 以上
WEB IIS 7.0 以上
その他
ハンディ KEYENCE製 BT-Wシリーズ 無線タイプ
KEYENCE製 無線アクセスポイント
ラベル発行(※) SATO製 ラベルプリンタ
SATO製 Multi LABELIST V5
SATO製 まるち監視くん

※ラベル発行しない場合は不要です。

その他

当社で開発したオリジナルの物流センター向け倉庫管理システム(システムミドルウェアなどは除く)です。掲載されていない機能など、どんな事でも、お気軽にご相談下さい。

画面サンプル

入荷予定データ照会画面例
引当・ピッキングリスト発行画面例
流通加工入力画面例
在庫調整画面例

帳票サンプル

ピッキングリスト例

こんな事でお困りではないですか?

Q1.固定ロケーション方式を採用しているため、無駄な保管エリアが発生している。
A1.フリーロケーション方式を採用する事で、保管効率が向上します。
Q2.固定ロケーション方式を採用しているため、ピッキング作業者の動線が長くなったり、作業待ちが発生している。
A2.フリーロケーション方式を採用する事で、良く出るアイテムと不微動品(出荷の頻度が少ないアイテム)を適切に配置し、ピッキング作業者の動線を効率良く配置する事が可能になります。また、ダブルトランザクション方式(固定ロケーションとフリーロケーションの混合)を採用する事で、ピッキングエリアと保管エリアに分けたロケーションを組む事も可能になり、作業効率が向上します。
Q3.フリーロケーション方式を採用したいが、ピッキング作業者の経験と勘が活かせなくなるのは困る。
A3.ダブルトランザクション方式(固定ロケーションとフリーロケーションの混合)のピッキングには、部品などのバラ管理品(固定ロケーション)とケース出荷などのケース管理品(フリーロケーション)といった、荷姿の適切な在庫引当も可能にしています。また、ハンディを使ったピッキング作業時には、スキップ(次回作業へ)・保留(最後尾作業へ)・中断(一時的に中断して他の作業)の機能を搭載した事で、ピッキングリストの順番に依存しない向い合せのロケや、アイテムの大小や物量による先行ピッキング作業など、作業者の経験と勘を活かしたピッキング作業を可能にします。
Q4.ロット管理品、期限管理品、シリアルナンバー管理品などの先入れ先出し管理を厳密に管理したい。
A4.倉庫管理システム(OWMS)のハンディ機能を駆使する事で、目検での作業ミスを防止。ロット管理品、期限管理品、シリアルナンバー管理品の先入れ先出しを厳密に管理する事が可能になります。
Q5.ハンディ機器を使った入荷検品により、品質を向上させたい。
A5.倉庫管理システム(OWMS)のハンディ機器を使った入荷検品では、入荷予定データとの照合をする事で、入荷品の過不足がリアルタイムに管理できます。また、入荷検品と同時にダブルトランザクション方式(固定ロケーションとフリーロケーションの混合)のロケーションに格納(入庫)する事も可能にしています。さらに、格納ルールの設定により、ロケーション指定やロケゾーンの制約を行う事も可能にしています。
Q6.ハンディ機器を使った出荷検品により、品質を向上させたい。
A6.倉庫管理システム(OWMS)のハンディ機器を使った出荷検品では、ピッキングデータと照合する事で、ピッキングアイテムの誤出荷や、ピッキング作業の状況をリアルタイムに管理できます。また、ピッキングデータの作成(在庫引当)では、ダブルトランザクション方式(固定ロケーションとフリーロケーションの混合)のロケーションに引当ルールの設定により、ロケーション指定やロケゾーンの優先引当を可能にします。(ロケとロケゾーンの混合も可能)
Q7. ハンディ機器を使った棚卸により、品質や作業効率を向上させたい。
A7. 倉庫管理システム(OWMS)のハンディ機器を使った棚卸では、アイテムをスキャンする事で品質と作業効率を向上させます。数量の入力では、全品スキャン方式やGS1バーコードなどの入数加算方式、数量の手入力なども可能にします。
Q8.送り状の問合せ番号と連携してトレーサビリティを向上させたい。
A8.倉庫管理システム(OWMS)のピッキング開始時に、送り状の問合せ番号をスキャンする事で、出荷実績に付与して履歴管理されます。荷主や出荷先からの問合せにスピーディに対応する事が出来ます。
Q9.補充処理の頻度を一時出来に下げたり、シーズンやイベント出荷に備えた補充をしたい。
A9.ダブルトランザクション方式(固定ロケーションとフリーロケーションの混合)の場合は、補充作業が不可欠になりますが、倉庫管理システム(OWMS)では、補充対象アイテムの指定(補充予定リスト発行)時に、補充充填率を自由に設定可能な仕組みを採用しています。
ページ上部へ戻る