ITインフラソリューション

仮想化ソリューション

費用対効果に優れた最適な仮想化ソリューションをご提供します。

サーバの仮想化

CPUの高性能化にともない、小規模サーバが多様なシステムに活用された結果、管理コスト・電源容量・設置スペースなどの問題が発生しています。この問題を解決すると同時に、リソースを有効活用するために、仮想化技術を用いたサーバ統合をお勧めします。弊社は、VMWare、MicroSoft Hyper-V、Citrix の実績がございます。

「VMWare」を用いたサーバ統合
サーバリソースの有効活用
サーバのCPUの稼働率は、平均約10~20%程度と言われています。複数のサーバを統合することにより稼働率を高め、リソースを有効活用することができます。
古いOS環境の実行
サポート切れのWindowsを、最新のハードウェア上で実行可能です。1台のサーバで、新旧OSを同時稼動できるため、システムの移行やバージョンアップを段階的におこなえます。
ソフトウェア開発の効率化
アプリケーション開発の場合、1つ作った仮想環境をコピーして開発者に配布することが可能です。同一環境の開発により、開発環境の違い(パッチの適用方法など)によるアプリケーション結合試験の失敗を防ぎます。
稼動率の低いシステムの統合
「ユーザーサポート用の機器」「バックアップサイト」など、常時利用しない環境を仮想環境に集約することにより、投資コストや電源容量、設置スペースなどが削減できます。
サーバ冗長化とシステムの信頼性向上
「VMware」によるサーバ統合を行う場合、サーバの冗長化が必要となります。さらに当社では、仮想化環境のバックアップなど、システム全体の信頼性を向上させるご提案を行います。
BCP対策
仮想化技術を用いたサーバ統合により、データセンター間のバックアップも容易になり、BCP対策強化にも繋がります。

ストレージの仮想化

現在、ストレージもディスクやCPU、I/Oなどを無停止で柔軟に拡張できることが求められます。従来のストレージは、性能や容量不足で拡張する場合、上位機種にリプレースするケースもあり、リプレース時にシステムを止めなければならず導入に多くの時間とコストがかかりました。

そこで、必要なときにダウンタイムを最小に拡張できるストレージ専用OSが開発されています。システムを停止することなく、ハードウェアの台数を増やし性能の向上も図れるスケールアウトによる拡張が可能です。

無停止でディスクシェルフ単位・コントローラー単位による増設やリプレースが行えることから、ディスク容量や性能アップの需要に合わせて必要な分だけ拡張できます。

仮想化ストレージの仕組み

クライアントの仮想化

弊社は、VMWare、Citrix や RDS(Remote Desktop Services)を利用した VDI(virtual desktop infrastructure)構築を実施しており、お客様のニーズに合ったご提案・構築が可能です。導入後の運用サポートも弊社で行ないます。

VDI環境の説明
デスクトップ環境をサーバに集約するメリット
  • デスクトップのデータを集中化することでデータの安全性が向上
  • デスクトップのバックアップが容易となりデータの信頼性が向上
  • デスクトップのハード障害は、HA機能により連続した稼動が可能
  • ユーザーは、どの端末から同じ環境にアクセスが可能(要認証)
シンクライアント端末のメリット
  • 駆動部品(ファンレスなど)が少ないため低発熱・低騒音・低故障率
  • データはすべてサーバに保存されるため情報漏洩の防止
  • 端末増設や入れ替えなどが簡単でTCO削減
  • 端末障害時の入替も簡単で可用性向上

ネットワークの仮想化

スイッチ・ルータ、ファイアウォール、ロードバランサなどの各ネットワーク機器を仮想化し、物理ハードウェアと分離する技術です。

仮想ネットワークを、物理ネットワークに依存せず、構築運用が可能です。仮想マシンと同様に、すべてがソフトウェア上で構成され、俊敏性や冗長性が提供されます。

仮想化されたネットワーク機器は仮想マシンと同期した配置や運用が可能で、遠隔地間のレイヤー2セグメントの延長や仮想ネットワーク内の可視化が実現できます。

仮想ネットワークの構築メリット

ネットワークソリューション

データセンター運営事業者でもある当社が、責任をもって大規模・大容量ネットワークをご提供します。セキュリティ対策を施した、最新の無線LAN環境をご提供します。

コア・ネットワーク

昨今、ITインフラは全ての情報システムの基盤となり安定した運用が求められています。弊社は、お客様と共に要件を確認しより良い提案から構築・保守を実施します。

帯域の拡張や距離の延長、複数の物理スイッチを仮想的に1つのスイッチに統合するなど、ネットワーク機器の性能を十分に引き出すことができます。

大規模ネットワークの構築図
ネットワーク機器の設定例

無線LAN

無線LANは、スマートフォン等対応機器の増加や公衆無線LANの整備などを背景として、利用が拡大しております。これに対して、企業や自治体ではネットワーク構築、および変更が容易であるなどの利点から、有線LANから無線LANへの段階的な導入が進んでいます。

その反面、無線LANは電波を利用するため、有線と比較して傍受などが容易であることに起因する脅威にもさらされています。このため、利用に当たっては適切なセキュリティ対策が求められています。

弊社は、最新の製品、およびセキュリティ対策を施した無線LAN環境をご提供します。

無線LANの主な特徴
ページ上部へ戻る