太陽光発電プロジェクト「大崎グループ福島太陽光発電所」

福島県伊達市の「株式会社 大崎 福島物流センター」屋根

プロジェクト方針

OCEでは、クリーンかつ安全な再生可能エネルギーの普及・拡大による環境負荷軽減に貢献するため、グループ会社である物流会社の倉庫屋根を利用した太陽光発電プロジェクトを開始しました。

本プロジェクトでは、福島県伊達市の「株式会社 大崎 福島物流センター」の2棟分の屋根を利用して、合計約7,000m² の太陽光発電設備を建設しました。年間で一般家庭約100世帯分の電力を発電する予定です。

発電した電力は「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を利用して電力会社に販売します。これにより、CO2排出量の削減に寄与し、設備の維持・運用等に多くの電力を利用するデータセンター事業者としての責務を果たすとともに、スペースの有効活用および災害等に対応し得る多様な電源調達の確保に向けたノウハウの蓄積を目指します。

福島県伊達市の「株式会社 大崎 福島物流センター」上空写真

ページ上部へ戻る