児童発達相談支援システム導入事例

お客様

千葉県我孫子市様

導入の背景

旧システムの老朽化対策および利用児童・支援内容増大への対応として、新システムの導入を検討されていました。旧システムの主な問題点として、下記事項がありました。

  • システム外で管理している資料が多い
  • 職員間での情報共有が十分にできない
  • 時間外の作業が多い
  • 必要な統計資料が出せない
  • システム利用可能なパソコンが限られている

新システムに期待すること(抜粋)

  • 対象者の検索が柔軟にできる
  • 次回連絡予定日を管理し、対象者を呼び出せる
  • 住民情報と連携し、転居等の最新情報が確認できる
  • 独自に入手した住民情報を登録でき、ジェノグラムも管理したい
  • 宛名印刷(窓あき、ラベル)ができる
  • 会議用資料を印刷でき、会議で決定した内容を登録できる
  • 会議等で使用された資料や問診票をPDF化して取込める
  • EUC機能や汎用抽出機能などにより、簡単な操作で自由に検索条件を設定し、各種統計データや一覧が作成できる
  • 利用端末台数に制限がなく増設も容易である
  • システム外で管理している資料を減らしたい

弊社の取り組み

要件定義では、お客様からご意見をお聞きする時間を効率よく設定し、旧システムの問題点、及び現状運用を分析しました。

各工程毎に必ずレビューを実施し、認識の齟齬が無いことの承認を頂いてから次工程に進みます。また、製造段階ではプロトタイプをご提供し、いち早く新システムのイメージを確認していただきました。

上記の導入背景にある問題点に対しては、以下の解決策を図りました。

システム外で管理している資料が多い
必要な管理項目の整理、及び電子ファイルの一元管理
職員間での情報共有が十分にできない
会議資料の統一、各種情報の履歴管理、及び情報照会画面の操作性向上
時間外の作業が多い
記録入力の操作性向上、及び各種帳票出力の効率化
必要な統計資料が出せない
EUC機能、及び各種集計データ出力機能の強化
システム利用可能なパソコンが限られている
クライアント台数制限のないシステム提案

システム導入後の効果(お客様の声)

  • 他課とのやりとりがスムーズになり、残業が減っています
  • 相談内容など、情報の入力・共有がスムーズになりました
  • システムを使う頻度が増えて管理しやすくなりました
  • 業務報告のチェック作業が簡単になりました

製品・サービスに関するお問い合わせ

製品・サービス お問い合わせ メールフォーム

ページ上部へ戻る