現場の声を聞き取り実現された校務ソリューション

校務の効率化により「子供たちと向き合う時間を増やすために」最適なソリューションを提案

導入背景

「子供たちと向き合う時間を増やすため」の校務の効率化

A市では、教職員の「校務負荷軽減」を図るため、各学校と市役所、教育委員会を結ぶ、教育系ネットワーク整備を実施されました。

「校務負荷軽減」は手段であり、実際には、「子供たちの生きる力を伸ばすための、総合的な学力の推進」が目的でした。その前提が「教職員が子供たちに接する時間を増やせる、ICT環境を整えること」でした。

したがって、ICTを有効活用し、校務処理の軽減と効率化を推進することが重要であると、ご判断されたわけです。

導入の決め手とは

当社提案の「校務ソリューション」をご採用いただけた最大の決め手は以下のポイントでした。

  • PCの苦手な教職員でも違和感なく操作できて既存の資産を含めたICT利活用を促すことができる
  • 中長期的な視点から教育系のネットワーク全体のセキュリティを高めイニシャルコスト・ランニングコストの適正や、オープンプラットフォーム上で稼働するソリューション

システム概要

ベテラン教員の声を反映したソリューションを提案

操作に習熟が必要な使いにくいシステムでは、かえって教職員の負担を増加させてしまいます。このため、学校業務のために存在している多くのシステムなど、「教職員ポータル」として簡単に使えるようにご提供しました。

従来はシステムごとにIDとパスワードによる認証が必要でしたが、シングル・サインオン認証により、簡単に活用できるようになっています。また、当社提案の「校務ソリューション」では、必要なシステムやコンテンツを選んで業務を開始できる、直感的な操作ができる仕様となっています。これは、「現場の教職員の方の意見を参考にさせていただき、作り上げたソリューション」であるからです。

導入後の効果

易しい・安心・安全な利活用

今回の導入において、セキュリティの向上と運用管理の効率化が、明らかな成果として評価されました。これは「ユーザアクセス、およびPCの状態を把握・管理できるようになったこと」が大きな要因です。

「現場(学校)に在籍していた時に思い描いていた、『こうなればいいね』の想いが今回の導入でほぼ実現できました。現場からも『使いやすくなった』という声をいただいています。」(導入ご担当者様より)

製品・サービスに関するお問い合わせ

製品・サービス お問い合わせ メールフォーム

ページ上部へ戻る