太陽光発電監視クラウドサービス

太陽光発電設備の点検保守と監視

太陽光発電所におけるオペレーション・メンテナンス(保守)は、保安規定に基づく定期的な現地での点検・試験を実施することで設備の安全性を確保します。

しかし、それだけでは迅速な故障の発見はできず、安定的な事業の運営に支障が生じます。このため、常時遠隔監視で発電所の状態をタイムリーに把握する事が必要です。

弊社では、こうした太陽光発電所の監視サービスを提供しております。

監視サービスの内容

監視センターでは、24時間365日発電所の運転状況を監視します。監視センターで不具合の内容と箇所を特定し、発電所保安管理者(電気主任技術者)との連携により、的確な不具合の発見・是正を可能にします。

設備内に監視設備を導入するため、お客様の太陽光発電所が既設・新設のどちらでも、サービスを提供できます。

  • 発電量の監視
  • 警報の受信
  • 不具合箇所の特定・状況報告
  • 一時対応・アドバイス

※監視システムの設置により、警報監視は直接お客様が実施される形態もございます。

メリット

  • 不具合の早期発見
  • メンテナンスコストの適正化
  • 収益管理・設備管理の省力化

太陽光発電設備の性能低下と診断

発電所全体の故障や停止は、通常の監視計測システムで発見できますが、太陽電池パネルの能力低下や、ストリング単位の故障は、より精度の高い計測が必要です。

太陽電池パネルの性能低下は、開放電圧測定、サーモカメラ撮影、I-V測定で、現地調査します。

ご存知ですか? たった1枚のパネルに問題があるだけで全体の発電量が低下することを

太陽光発電設備は、1つのグループに10数枚のパネルが接続されています。そのグループを「ストリング」と言います。にストリングを複数つなげることで、大規模な太陽光発電設備が構成されています。

1枚のパネル不良でストリング全体の発電能力が低下

パネル同士は直列に接続されているため、パネル1枚の能力低下は、ストリング全体の発電能力低下につながります。パネル自体の不良にかかわらず、鳥のフンなどによる汚れや障害物による遮蔽なども、発電能力低下の要因となります。

ストリング単位でのモニタリングがなぜ必要なのか

発電設備全体のモニタリングは一般的ですが、ストリング単位のモニタリングを行っている例は多くありません。

しかし、発電量が低下した場合、原因である1枚のパネルを見つけ出すのは容易ではありません。草刈りなどでストリング単位のPVケーブルを破損し、長期間発見できず、発電損失となった事例も報告されています。

また、定期的なパネルの清掃も多大なコストがかかります。ストリングレベルでモニタリングをすることで、部分的な発電量の減少を発見し、原因となるストリングの特定が容易になります。

ストリング単位のモニタリング、計測装置を提供します。ストリング計測装置は、当初設置していない運用中の発電所でも、無線タイプの装置を採用すれば、容易に後付設置も可能です。

ページ上部へ戻る