HOME  ソリューション    物流・倉庫管理システム
ソリューション

物流・倉庫管理システム

大崎グループ企業内で長年培った物流業務の経験と実績を基にシステム化
「在庫精度の向上」と「運用・管理コストの削減」を実現します!

自社倉庫や物流センターにおいて業務改善をしたいとお考えのお客様へ最適なWMSをご提案いたします。
  • リアルタイムに在庫状況を把握
  • 業務作業の属人化を無くし人件費削減(パート・アルバイトの活用)
  • 在庫の適正配置により保管効率の向上
  • 消費期限管理やロット品管理の徹底
  • ハンディターミナルの利用でミスを撲滅

 導入事例

物流・倉庫管理システム(WMS)について

あらゆる業種、業態、取扱品等の倉庫管理に対応可能なシステムです。
適切に作業効率を考えた運用が出来るようなベストソリューションをご提供いたします。
システム導入により、在庫管理の適正化を行い、作業の効率化、作業漏れ等の事故防止、コスト削減を実現します。

 

特徴

1.リアルタイムな作業状況を管理

2.リアルタイムな在庫状態を管理

3.多彩な入出荷管理を実現

4.多彩な要求に自在に対応

 当社オリジナル開発だからこそ実現した多彩なオプションの一例。

5.その他

倉庫管理システム(WMS)

Osaki Computer Engineering Warehouse Management System Series  当社オリジナルの物流センター向け倉庫管理システムです。

システム概要

導入例

製造メーカーP社様(全体構成)


※上記画像をクリックで拡大表示されます。

情報機器メーカーM社様(1日の業務)


※上記画像をクリックで拡大表示されます。

機能一覧

入荷・入庫
入荷予定データ取込
入荷予定修正
入荷予定削除
入荷予定クローズ
入荷予定照会
入荷検品入力
着荷リスト
入荷差異チェックリスト
在庫一括移動入力
入庫調整入力
補充
補充マスタ設定入力
補充指示入力
充填率変更指示
補充予定リスト
補充実績入力
在庫
在庫照会
入出庫履歴照会
出庫・出荷
出荷指示データ取込
出荷指示修正
出荷指示削除
出荷指示クローズ
出荷指示照会
在庫引当
引当エラー照会
ピッキングリスト
ピッキングリスト再発行
ピッキング入力
出荷取消
引当取消
出庫調整入力
ピッキング状況確認
日次
在庫更新
データ退避&累積
ログ出力
取込データ蓄積
日数経過データ削除
ハンディ
入荷検品
在庫一括移動
ピッキング
トータルピッキング
入庫調整
出庫調整
棚卸入力
在庫照会
入荷予定照会
バーコード発行
流通加工
加工パターン入力
セット品組上げ入力
ばらし品入力
流通加工リスト
バーコード発行
商品コード発行
ロケ発行
シリアル№発行
棚卸
棚卸作業設定入力
棚卸リスト
基幹在庫取込
棚卸実績入力
棚卸差異チェックリスト
棚卸状況確認
在庫反映
棚卸実績出力
棚卸ラベル発行
マスタ
会社マスタ保守
商品マスタ保守
商品データ取込
汎用区分マスタ保守
ロケーションマスタ保守
格納ルールマスタ保守
引当ルールマスタ保守
利用者マスタ保守
権限別メニュー保守
汎用CSV出力保守

動作環境

クライアント
OSWindows 7 以上
OfficeMicrosoft Office 2010 以上(ランタイム可)
ブラウザInternet Explorer 11 以上
サーバ
OSWindows 7 または Windows 2008 R2 以上
DBMicrosoft SQL Server 2008 R2 Express 以上
WEBIIS 7.0 以上
その他
ハンディKEYENCE製 BT-Wシリーズ 無線タイプ
KEYENCE製 無線アクセスポイント
ラベル発行
(※)
SATO製 ラベルプリンタ
SATO製 Multi LABELIST V5
SATO製 まるち監視くん
 ※ラベル発行しない場合は不要です。
「Windows」「SQL Server」「IIS」「Internet Explorer」「Office」は、
マイクロソフト株式会社の登録商標です。

「Multi LABELIST V5」「まるち監視くん」は、
サトーホールディングス株式会社の登録商標です。

その他

当社で開発したオリジナルの物流センター向け倉庫管理システムです。(システムミドルウェアなどは除く)
掲載されていない機能など、どんな事でも、お気軽にご相談下さい。

画面サンプル


入荷予定データ照会画面例


引当・ピッキングリスト
発行画面例


流通加工入力画面例


在庫調整画面例

※上記画像をクリックで拡大表示されます。

帳票サンプル

 
ピッキングリスト例

※上記画像をクリックで拡大表示されます。

こんな事でお困りではないですか?

Q1. 固定ロケーション方式を採用しているため、無駄な保管エリアが発生している。
A1. フリーロケーション方式を採用する事で、保管効率が向上します。
Q2. 固定ロケーション方式を採用しているため、ピッキング作業者の動線が長くなったり、作業待ちが発生している。
A2. フリーロケーション方式を採用する事で、良く出るアイテムと不微動品(出荷の頻度が少ないアイテム)を適切に配置し、ピッキング作業者の動線を効率良く配置する事が可能になります。また、ダブルトランザクション方式(固定ロケーションとフリーロケーションの混合)を採用する事で、ピッキングエリアと保管エリアに分けたロケーションを組む事も可能になり、作業効率が向上します。
Q3. フリーロケーション方式を採用したいが、ピッキング作業者の経験と勘が活かせなくなるのは困る。
A3. ダブルトランザクション方式(固定ロケーションとフリーロケーションの混合)のピッキングには、部品などのバラ管理品(固定ロケーション)とケース出荷などのケース管理品(フリーロケーション)といった、荷姿の適切な在庫引当も可能にしています。また、ハンディを使ったピッキング作業時には、スキップ(次回作業へ)・保留(最後尾作業へ)・中断(一時的に中断して他の作業)の機能を搭載した事で、ピッキングリストの順番に依存しない向い合せのロケや、アイテムの大小や物量による先行ピッキング作業など、作業者の経験と勘を活かしたピッキング作業を可能にします。
Q4. ロット管理品、期限管理品、シリアルナンバー管理品などの先入れ先出し管理を厳密に管理したい。
A4. 倉庫管理システム(OWMS)のハンディ機能を駆使する事で、目検での作業ミスを防止。ロット管理品、期限管理品、シリアルナンバー管理品の先入れ先出しを厳密に管理する事が可能になります。
Q5. ハンディ機器を使った入荷検品により、品質を向上させたい。
A5. 倉庫管理システム(OWMS)のハンディ機器を使った入荷検品では、入荷予定データとの照合をする事で、入荷品の過不足がリアルタイムに管理できます。また、入荷検品と同時にダブルトランザクション方式(固定ロケーションとフリーロケーションの混合)のロケーションに格納(入庫)する事も可能にしています。さらに、格納ルールの設定により、ロケーション指定やロケゾーンの制約を行う事も可能にしています。
Q6. ハンディ機器を使った出荷検品により、品質を向上させたい。
A6. 倉庫管理システム(OWMS)のハンディ機器を使った出荷検品では、ピッキングデータと照合する事で、ピッキングアイテムの誤出荷や、ピッキング作業の状況をリアルタイムに管理できます。また、ピッキングデータの作成(在庫引当)では、ダブルトランザクション方式(固定ロケーションとフリーロケーションの混合)のロケーションに引当ルールの設定により、ロケーション指定やロケゾーンの優先引当を可能にします。(ロケとロケゾーンの混合も可能)
Q7. ハンディ機器を使った棚卸により、品質や作業効率を向上させたい。
A7. 倉庫管理システム(OWMS)のハンディ機器を使った棚卸では、アイテムをスキャンする事で品質と作業効率を向上させます。数量の入力では、全品スキャン方式やGS1バーコードなどの入数加算方式、数量の手入力なども可能にします。
Q8. 送り状の問合せ番号と連携してトレーサビリティを向上させたい。
A8. 倉庫管理システム(OWMS)のピッキング開始時に、送り状の問合せ番号をスキャンする事で、出荷実績に付与して履歴管理されます。荷主や出荷先からの問合せにスピーディに対応する事が出来ます。
Q9. 補充処理の頻度を一時出来に下げたり、シーズンやイベント出荷に備えた補充をしたい。
A9. ダブルトランザクション方式(固定ロケーションとフリーロケーションの混合)の場合は、補充作業が不可欠になりますが、倉庫管理システム(OWMS)では、補充対象アイテムの指定(補充予定リスト発行)時に、補充充填率を自由に設定可能な仕組みを採用しています。